鄭銀敬「国内でAZワクチン接種後の死亡事例 血栓形成の報告を受け」= 韓国

鄭銀敬「国内でAZワクチン接種後の死亡事例 血栓形成の報告を受け」= 韓国

鄭銀敬「国内でAZワクチン接種後の死亡事例 血栓形成の報告を受け」= 韓国(画像提供:wowkorea)

17日、チョン・ウンギョン(鄭銀敬) 疾病管理帳はアストラゼネカ製ワクチンの接種後に血栓が形成される事例に関連し「死亡事例の中で一件の病理解剖の所見があり検討中である」と述べ「正式な病理解剖の結果は報告されていない」と述べた。

鄭銀敬庁長はこの日午前、国会の保健福祉委員会全体会議でワクチンの接種後の血栓形成に関連し「現在、副反応の報告事例はない」と述べた。

鄭銀敬庁長はヨーロッパで副作用の事例が報告された、アストラゼネカ製ワクチンのロット番号「2856」、「5812」について「現在ヨーロッパで接種されているワクチンは、ヨーロッパで生産されたワクチンである」と述べ「韓国はそのワクチンを導入しておらず、国内のSK バイオサイエンスが生産した製品を接種している」と述べた。

関連記事(外部サイト)

×