日本は「米国の従属国」中国の挑発=韓国報道

日本は「米国の従属国」中国の挑発=韓国報道

日本は「米国の従属国」中国の挑発=韓国報道(画像提供:wowkorea)

中国政府が「日本はアメリカの従属国」と挑発したことについて、日本が不満を表わした。

19日、産経新聞とNHKなどによると、加藤勝信官房長官は同日午前の記者会見で、中国側の発言について「日本政府としては全く受け入れられない」と外交経路を通じて抗議した。

中国外務省のジャオリージエン(趙立堅)副報道局長は、日米安保協議委員会会議(2 + 2会談)が行われた翌日17日の定例記者会見で、「日本は中国の復興を防ごうとする」とし「これにより日中関係を破壊し、地域全体の利益を売り払う米国の“戦略的属国”として行動しようとしている」と厳しく批判した。

加藤長官は「中国側の発言は把握しているが、その発言に対して言及することは、差し控えたい」とし「私たちの考えは、日米“2 + 2”の共同発表や、その他の機会に、中国を含む国際社会に発言しているものと同じである」と述べた。

日米両国は16日、2 + 2会談終了後発表した共同声明で、全体の内容の3分の1程度が中国の批判になるなど、明らかな牽制姿勢を示した。

声明は、日本と中国の領有権紛争地域である尖閣諸島(中国名・釣魚島)と台湾、南シナ海、香港と新疆ウイグル自治区の少数民族の人権弾圧など、中国が敏感に反応する事案をすべて取り上げた。

関連記事(外部サイト)

×