トランプ氏、米朝首脳会談に言及 「11月の中間選挙後、マー・ア・ラゴ別荘でも開催可能」

トランプ氏、米朝首脳会談に言及 「11月の中間選挙後、マー・ア・ラゴ別荘でも開催可能」

トランプ氏、米朝首脳会談に言及 「11月の中間選挙後、マー・ア・ラゴ別荘でも開催可能」

ドナルド・トランプ大統領は9日(現地時間)、第2次米朝首脳会談の場所としてシンガポールではなく、3〜4か所が議論されていると明かした。

会談は、米国や北朝鮮の領土で開催されることもあり得るとし、自身のマー・ア・ラゴ別荘でも「よい」と述べたことがわかった。

外信によると、トランプ大統領はこの日、ホワイトハウスで開かれたニッキー・ヘイリー国連駐在米国大使の年内辞任を明かす会見で、「2次米朝首脳会談の準備が進んでいる」とし、このように明かした。

会談場所に関する発言のほか、時期と関連し即答は避けたものの、会見後、アイオワ州で開かれる遊説現場に向かう専用機で「11月の中間選挙後までは会談は開かれないだろう。私はいま、(会談場所へ)行くことができない」と述べた。

関連記事(外部サイト)