バイデン米大統領、リンゴ日報の廃刊で「抑圧を中断せよ」と中国を激しく非難

バイデン米大統領、リンゴ日報の廃刊で「抑圧を中断せよ」と中国を激しく非難

バイデン米大統領、リンゴ日報の廃刊で「抑圧を中断せよ」と中国を激しく非難(画像提供:wowkorea)

バイデン米大統領が香港の代表的な反中メディアである蘋果日報(リンゴ日報)が廃刊を決めたことについて、「香港住民をこれからも支持したい」と語った。

バイデン大統領は24日(現地時間)、「香港と世界の報道の自由にとって悲しい日だ」とする声明を発表した。

バイデン大統領は「中国の抑圧が強まり、リンゴ日報の廃刊にまで至った」とし、「中国は独立メディアを標的にすることを中断し、逮捕されたマスコミ関係者を釈放せよ」と強調した。

彼は「独立メディアは繁栄する社会で重要な役割を果たす」とし、「香港住民には言論の自由に対する権利がある」と話した。「中国は自由を否定し、香港の自治権と民主制度を攻撃している」と中国を強く非難した。

中国に対して批判的な記事を書いてきた香港紙のリンゴ日報は24日付けで発行を中断した。創刊26年目だった。

リンゴ日報の親会社であるネクストデジタルは、「香港当局が国家保安法違反などの容疑で社主、編集局長、主筆などを逮捕し、会社の資産を凍結したため、廃刊を最終決定した」と説明した。

関連記事(外部サイト)