韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも

韓国で32本足のミズダコを発見 「日本の放射線の影響」と主張するネットユーザーも

記事まとめ

  • 32本の足を持つミズダコが発見されたと韓国の慶南日報や釜山日報が報じた
  • 韓国で「日本の放射線の影響により、奇形の海産物が発生したのでは」との声も出ている
  • しかし、ミズダコは傷が癒される過程で『過剰再生現象』が見られることもあるという

韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも

韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも

韓国南部の沖合で発見の「32本足」のタコ、原因は「日本の放射線」と主張する韓国ネットユーザーも(画像提供:wowkorea)

韓国南部のキョンサンナムド(慶尚南道)サチョン市の沖合で、32本の足を持つミズダコが発見された。この「不思議なタコ」をめぐり、韓国ネットユーザーらがさまざまな主張を展開する中で、一部のネットユーザーは「日本の放射線の影響」を指摘している。

去る23日、慶南日報や釜山日報によると、サチョン地域の漁業者が今月15日に32本足のミズダコを捕獲したと伝えた。軟体動物であるミズダコは頭と8本の足を持つが、その日捕れたミズダコの足は木の枝のように32本に分かれていた。

漁業者は「ミズダコの禁漁期なので放してやろうと思ったが、足が多いので詳しく見てみた。生まれて初めて見るものだったため、研究用に必要かと思い、保管している」と話した。

このニュースについて、韓国の一部ネットユーザーは「日本の放射線の影響により、奇形の海産物が発生したのでは?」、「安心して食べられない」、「南部地域にも放射線の影響が出始めた」など不安視する声も。

しかし、学界ではミズダコの足にできた傷が癒される過程で「過剰再生現象」が見られることもあるという。この点を挙げて「今回のことを日本のせいにするならば、世界のあらゆる”突然変異”はチェルノブイリ原発事故が原因になる」、「事実関係を調査してから意見を述べるべき」などの声も多く寄せられた。

一方、日本では1957年に85本足、1988年に96本足のミズダコが発見されたことがあるとも伝えられている。

関連記事(外部サイト)