韓国・京畿道議会、「福島原発処理水の海洋放流決定」を糾弾する船上大会開催=日本政府の決定に「反対声明」を発表

韓国・京畿道議会、「福島原発処理水の海洋放流決定」を糾弾する船上大会開催=日本政府の決定に「反対声明」を発表

韓国・京畿道議会、「福島原発処理水の海洋放流決定」を糾弾する船上大会開催=日本政府の決定に「反対声明」を発表(画像提供:wowkorea)

韓国・キョンギド(京畿道)議会の「福島原発処理水の海洋放流決定に対応する特別委員会」は29日、ファソンシ(華城市)ジョンゴク(前谷)港を訪問し、処理水の海洋放流決定を糾弾する船上大会(デモ)と共に漁業界関係者らと懇談会をおこなった。

特別委員会は、船で前谷港から済扶島付近までおよそ11キロを航行し、「福島原発処理水の海洋放流は絶対に不可」と書かれた横断幕を掲げ、日本政府の決定に対する「反対声明」を発表した。

アン・ヘヨン委員長は「国際原子力機構も処理方法に関する一連の意志決定過程に、全ての利害関係者が参加しなければならないと勧告したにも関わらず、処理による被害が予想される韓国をはじめ近隣諸国の意見を聞かず、一方的に海洋放流を決定した」として日本政府を強く批判した。

関連記事(外部サイト)