米LAで「デルタ株が拡散」…新規感染者が「急増」

米LAで「デルタ株が拡散」…新規感染者が「急増」

LAデルタ株拡散で感染者急増

米LAで「デルタ株が拡散」…新規感染者が「急増」

米ロスアンゼルスで 新型コロナ「デルタ株」が拡散したことにより、新規感染者が急増している(画像提供:wowkorea)

米国で人口の最も多いカウンティ(群)であるロスアンゼルス(LA)で、新型コロナウイルス感染症「デルタ変異株」が拡散したことにより、新規感染者が急増している。

米CNN放送などによると、今週 LAカウンティの新規感染者は 住民10万人あたり3.47人となり、先週(1.74人)対比で2倍にも膨れ(ふくれ)上がったことがわかった。

新規感染者は 8日基準で839人を記録し、先週対比で165%増加した。また 新型コロナ検査者のうち 陽性判定を受けた割合は、1.2%から2.5%へと増加した。

人口1000万人を越えるLAカウンティは 米国で最も大きな大都市圏で、ワクチン接種の前までは 新型コロナの発病率が最も高い地域の一つであった。

現在 LAカウンティでは 16歳以上の住民の60%がワクチンを接種しているが、未接種者を中心に デルタ株が拡散しているものと、保健当局は分析した。

LAカウンティで 新規感染者の99.96%は、ワクチンを接種していない住民であることが確認されている。

LAカウンティの保健当局は「短期間に、新規感染者と陽性比率が大きく増加した」とし「ワクチン接種が、新型コロナの感染を防ぐ最も重要な手段だ」と強調した。

関連記事(外部サイト)