コロナにより 国際郵便による「麻薬取引」が増加…缶詰・コーヒー商品の中に「隠す」=韓国

コロナにより 国際郵便による「麻薬取引」が増加…缶詰・コーヒー商品の中に「隠す」=韓国

韓国で 国際郵便と海外運送を通じた「非対面による麻薬取引」が増加していることがわかった(画像提供:wowkorea)

韓国で 新型コロナウイルス感染症事態の長期化により 航空機による旅行が困難なことから、国際郵便と海外運送を通じた「非対面による麻薬取引」が増加していることがわかった。若年層を中心とした「SNS麻薬取引」が流行し、国際郵便を通じた 少量の麻薬類の摘発も急増している。

韓国関税庁は「ことしの上半期 関税国境で、麻薬類 計662件(214.2キログラム)を摘発した」と、きょう(15日)明らかにした。これは 前年同期対比で 摘発件数が59%の増加、重量は153%増加した数値である。

韓国内で主に濫用されている いわゆる「ヒロポン(メタンフェタミン)」は、43.5キログラム(77%増)摘発された。これは 国民145万人が同時に投薬できる量である。

性犯罪に悪用される「ケタミン」の摘発件数(22件)も、前年同期対比で267%増加した。ケタミンは 臨床用または動物用麻酔剤として使用され、誤(あや)まって濫用すると 身体的・精神的依存性と禁断症状を起こす。遊興施設やクラブなどでは「デート強姦薬物」と呼ばれてもいる。

代表的な合成麻薬であるメチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)とLSDの摘発件数も、それぞれ51件(168%増)と42件(200%増)と集計された。関税庁は ことし5月、国際郵便の内容物のうち コーヒーの商品の袋の中に隠(かく)されたMDMA 1003錠、ケタミン819グラムを摘発している。

一方 大麻の摘発は、昨年上半期の207件から ことしの上半期186件へと、10%減少した。

韓国関税庁は、海外から国際麻薬組織により密搬入されり 1キログラム以上の大規模なヒロポンの密輸摘発が続いていることから、注意を求めた。また 中国や台湾から搬入される違法薬物名「ラッシュ」の摘発が増加していることから、格別な注意を求めた。

関連記事(外部サイト)