「遺憾」表明した 加藤官房長官「相馬公使の発言、極めて不適切」=韓国報道

「遺憾」表明した 加藤官房長官「相馬公使の発言、極めて不適切」=韓国報道

加藤勝信 官房長官は、駐韓日本大使館の総括公使の発言に対して「極めて不適切だ」と語った(画像提供:wowkorea)

加藤勝信 官房長官は きょう(19日)の定例記者会見で、ムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領の日韓関係改善の努力に対して卑下した 駐韓日本大使館の相馬弘尚 総括公使の発言が、日韓両国間の外交問題へと飛び火したことについて「いかなる状況 文脈のもとでも、外交官として 極めて不適切な発言がなされたことは 大変遺憾だ」と語った。

相馬公使の更迭の可能性については「(茂木敏充)外相が 相馬公使の勤務地での在任期間なども考慮した上で、適材適所の観点から判断している」と答えた。また 相星孝一 駐韓日本大使が 相馬公使に厳重注意したことも「知っている」と語った。

この日 読売新聞は「日本政府が、相馬公使を更迭する構えだ」と報道した。また 文大統領が東京オリンピックの開幕日である23日に訪日する場合に開かれる日韓首脳会談において、相馬公使の発言が障害となるのを 日本政府は避けたいためだと、説明した。

ただ 青瓦台(韓国大統領府)では「日本政府側から 公式に伝達を受けていない」として、不快感を あらわにした。

加藤官房長官は “相馬公使の発言が 日韓首脳会談開催に影響を及ぼすか”については「『文大統領が お越しになるのであれば、外交上 丁寧に対応する』と繰り返し語ってきた」としながらも「まだ 現段階では、訪日は確定していない」とも語った。

関連記事(外部サイト)