秋美愛前法務部長官、文大統領の「訪日しないという決定」を支持=韓国

秋美愛前法務部長官、文大統領の「訪日しないという決定」を支持=韓国

秋美愛前法務部長官、文大統領の「訪日しないという決定」を支持=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が、東京オリンピック期間に日本を訪問しないと決定した中で、チュ・ミエ(秋美愛)前法務部長官が「決定を支持する」という立場を表した。

チュ・ミエ前長官は19日、自身のフェイスブックを通じて「文大統領の日本で開かれるオリンピック開幕に不参加という決断を支持する」と明らかにした。

チュ・ミエ前長官は、「日本は、世界平和と人類共栄のオリンピック精神に反する過去史の認識を一度も変えたことはない」とし、「それでも文大統領は日本のオリンピック成功を祈願し、両国の未来のためにも今回の機会に虚心坦懐(きょしんたんかい)な会談になることを心から期待してたと見る」と評価した。

「しかし日本は、過去史の問題とこれによる経済報復的な輸出規制、原発の汚染水排出問題など平和・共存・共栄の精神に反する懸案に対し、真摯(しんし)な対話を回避した」とし、「ただ顔を合わせる形式的な会談を拒否した文大統領の断固な決断を支持する」と重ねて明らかにした。

チュ・ミエ前長官は続けて、「戦争犯罪を起こし、残酷な人権侵害をした歴史を認めず旭日旗を振る、反歴史的であり欺瞞的な日本の態度を慨嘆する」とした。

一方、青瓦台(大統領府)のパク・スヒョン国民疎通首席はこの日のブリーフィングで、「文大統領は、東京オリンピックをきっかけとした訪日を行わない事を決定した」と明らかにした。

パク・スヒョン首席は、「日韓両国の政府は、東京オリンピックをきっかけとした日韓首脳会談開催の可能性を念頭に置き、両国間の歴史懸案に対する進展と、未来志向的な協力の方向性に対し意味のある協議を行った」としたが、「両国間の協議は友好的な雰囲気で進められ、相当な理解の接近はあったが、首脳会談の成果というには依然として不十分であり、その他諸般の状況を総合的に考慮し、このように決定した」と説明した。

関連記事(外部サイト)