<W寄稿>「田舎の民族主義」に囚われた韓国スポーツ界=日本に対する応援方法と劣等感

<W寄稿>「田舎の民族主義」に囚われた韓国スポーツ界=日本に対する応援方法と劣等感

(画像提供:wowkorea)

2012年のロンドン・オリンピックで、日本とのサッカー銅メダル決定戦に勝った韓国チームのパク・ジョンウ(朴鍾佑)選手が「独島は我が領土」と言うメッセージが書かれた紙を持ってグラウンドを走り、懲戒処分されたのは有名な事件だ。

国際的なスポーツ競技で政治色を帯びた行動をするのは禁止されているというのが基本的な常識であるにも拘わらず、これに正面から違反したのだ。

2011年のサッカー・アジアカップでの韓日戦では、韓国チームのキ・ソンヨン(奇誠庸)選手が先制のゴールを入れた後、カメラの前で猿のモノマネをするパフォーマンスをした。

これは朴鍾佑選手による「独島は我らが国土」パフォーマンスより、はるかに深刻なパフォーマンスであった。何故ならば、奇誠庸選手の猿のモノマネをするパフォーマンスは人種差別を露骨にあらわにしたケースに該当するからだ。

2010年に(韓国ソウルの)サンアム(上岩)競技場で行われたサッカーの韓日戦では、観客席に超大型のイ・スンシン(李舜臣)とアン・ジュングン(安重根)が描かれた旗が登場し、「歴史を忘れた民族に未来はない」という文句が書かれた大型プラカードが付いていた。

2016年のAFCチャンピオンズ・リーグにおける「FCソウル 対 サンフレッチェ広島」のサッカーの試合(上岩競技場)でも安重根が描かれた旗が登場した。

サッカーだけではない。2006年の第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)大会で韓日戦に勝利した直後、韓国の野球チームは当該競技場(米国エンゼル・スタジアム)のマウンドに太極旗を差すパフォーマンスを披露した。2009年の第2回大会の時も、日本に勝った後に全く同じパフォーマンスを繰り広げた。

サッカーや野球で見られるこのようなパフォーマンスや行動は、相手チーム、および相手国民を刺激するのに十分だ。相手が日本人であれば、基本的な礼儀も無視し、思う存分に嘲弄して愚弄しても構わないという風な平素の習慣から始まった低レベルな行為だと見られる。

2021年の東京オリンピックでは、韓国代表チームの宿舎のマンション外壁に太極旗と共に、「臣には未だ5千万国民の応援と支持が残っております」という内容の李舜臣の発言をパロディーにした文句が付けられた。

これについて日本のメディアは「李舜臣を推し立てた韓国の挑発」という風に報じると同時に、騒々しい状況になった。わざわざマンション外壁にあのようにけばけばしく装飾をしなければならなかったのかという気がする。あのように振舞えば、中立的な日本人まで刺激されて、嫌韓へと転ずるようになる。

スポーツ競技で李舜臣と安重根が描かれた旗が登場して、スポーツと何ら関係ない「歴史を忘れた民族」云々等の文句が掲げられ、選手村のマンション外壁に不必要に主催国の国民を刺激する表現を掲げるのは「田舎の民族主義」の表出に違いない。

これは劣等感のまた別の表現であり、「韓国は先進国になろうとするには未だ早かった」と広く広告する自殺的な行為に過ぎないという点を知るべきだ。

※この記事は韓国の保守論客ファンドビルダーさんの寄稿文を日本語に翻訳したものです。韓国メディアには既に韓国語版が公開されています。翻訳の正確さに対する責任は当社にあります。

関連記事(外部サイト)