“美人記者に約4億円マンション贈与”韓国SMエンタのイ・スマン代表、請託禁止法違反にならない理由とは?

“美人記者に約4億円マンション贈与”韓国SMエンタのイ・スマン代表、請託禁止法違反にならない理由とは?

“美人記者に約4億円マンション贈与”韓国SMエンタのイ・スマン代表、請託禁止法違反にならない理由とは?(画像提供:wowkorea)

韓国大手芸能事務所SMエンタテインメントのイ・スマン代表が、「美人記者に40億ウォン(約4億円)のマンションを贈与した」と報じられた。

複数の韓国メディアは、イ代表(総括プロデューサー)が3月、ソウル・カンナム(江南)・チョンダムドン(清潭洞)所在の高級ビラを外信の韓国人女性記者に贈与したと報道。イ代表が女性記者に高級住宅を贈与した「背景」にも注目が集まっている。

報道によると、贈与したとされる高級ビラはイ代表が6年前の2015年7月に39億7000万ウォン(約3億9000万円/現在のレート)で購入。このビラと同じ広さの世帯は、ことし5月を基準に49億ウォンで販売された。

贈与された女性記者は韓国人で、現在は韓国の主要ニュースをアメリカのAニュースに伝えるソウル特派員だという。

2019年5月にSMエンタ所属のボーイズグループ「EXO」メンバーのD.O.が入隊する際、このニュースと共に韓国の兵役制度を伝え、さらに2018年3月には同じくSMエンタ所属のガールズグループ「Red Velvet」のインタビューを北朝鮮での公演ニュースと共に報じていた。

ここで注目なのは、不正請託および金品などの授受禁止に関する法律(請託禁止法)だ。メディア関係者を含む公職者は名目に関係なく同一人物から1回100ウォン(約10万円)または会計年度に300万ウォン(約30万円)を超過する金品を受け取ることはできない。

したがって今回の住宅贈与は通常、金品授受に適用される請託禁止法に触れるのではないかと思われるが、海外メディアの国内支局は、言論仲裁法によってメディアには該当せず、法の適用対象ではないのだ。

同件に関して、SMエンタテインメントは「代表の個人資産について、会社として確認することはできない」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?