「あらゆる手段 効果なし」レベル4でも増加傾向変わらず…感染者2千人超えるか = 韓国

「あらゆる手段 効果なし」レベル4でも増加傾向変わらず…感染者2千人超えるか = 韓国

「あらゆる手段 効果なし」レベル4でも増加傾向変わらず…感染者2千人超えるか = 韓国(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス第4波が収まる気配が見えない中、1日の新規感染者者が2000人を超えるかどうかに関心が集まっている。

22日、韓国防疫当局がなどによると、21日午前0時(発表日基準)の新型コロナウイルス新規感染者は、国内発生1726人、海外流入58人など、計1784人で、過去最多を記録した。14日に記録した1614人を1週間で更新した。

21日午前0時から午後9時まで、全国で新型コロナウイルスの陽性判定を受けた新規感染者は計1456人だ。前日の同時間に集計された1681人より225人少ないが、清海部隊員が懸念材料だ。清海部隊員の感染者270人を合わせると1726人で、午後9時基準で過去最多となる。

新規感染者が2000人を超えるかどうかがカギとなっている。この日、2000人を突破すれば、昨年1月20日、最初の新型コロナウイルスの感染者が確認されて以来、539日ぶりのことだ。 今月だけで過去最高値を2度更新することになるというわけだ。

ただ、21日午後9時までの勢いを考慮した時、22日0時を基準に発表される新規感染者数は1800人前後か、1800人台前半や半ばを記録する可能性が高い。

第4波が始まった今月7日から2週間以上、1日の新規感染者数は1000人以上を記録している。特に21日午後9時の集計で、非首都圏の感染者は「第4波」以降、20日に(521人)初めて500人を超えたのに続き、2日連続500人を超える「第4波」が首都圏から地方へと拡大する様相を呈している。

政府は、現在の勢いが続けば、8月中旬ごろには一日の新規感染者が2300人を超えるものとみている。専門家の間では、現在の防疫措置だけでは感染拡大の勢いを抑えることに限界があるだけに、追加措置が必要だという意見が出ている。

一方、現在ソウル·キョンギ(京畿)道·インチョン(仁川)市(一部地域を除く)などの首都圏やカンウォンド(江原道)カンヌン(江陵)市などはソーシャルディスタンスをレベル4に、チェジュ(済州)道とキョンナム(慶尚南道)キメ(金海)市·コジェ(巨済)市·チンジュ(晋州)市·チャンウオン(昌原)市·トンヨン(統営)市·アマン(咸安)郡などはレベル3を適用している。

政府は、今月25日までの首都圏でのソーシャルディスタンス レベル4の2週間延長を検討しているという。最近、非首都圏で新型コロナウイルスが拡大したことで、避暑地を中心とした非首都圏地域のソーシャルディスタンスの上方修正も避けられない状況だ。

21日、キム・ブギョム(金富謙)国務総理は政府ソウル庁舎で開かれた新型コロナウイルス対応中央災害安全対策本部(中対本)会議で「休暇が集中する7月末〜8月初旬が今回の流行の最大の山場になる見通しだ。今は『行動を控えること』が必要な時だ」と強く訴えた。

関連記事(外部サイト)