東京五輪開幕を前に配信を装う偽サイトが急増

東京五輪開幕を前に配信を装う偽サイトが急増

東京五輪開幕を前に配信を装う偽サイトが急増(画像提供:wowkorea)

東京五輪の開幕を前に偽五輪関連サイトが相次いで確認されていると日本経済新聞が22日に報じた。

五輪チケット購入やボランティアの専門ウェブサイトから各種五輪競技を中継するホームページまで、さまざまな種類のサイトが確認されたと同新聞は伝えた。

まず、電子メールなどを活用してウイルスを拡散させる事例が発見された。ウイルス分析依頼サイトの「ウイルストータル」は20日、五輪と関連しているかのように見える日本語表記PDFファイルを例示した。このファイルを開けば、ユーザーフォルダ内の感染したファイルが自動的に消去される。五輪関係者に電子メールなどで送信して重要なファイルの削除を狙った可能性があるという分析がされている。

新型コロナウイルスに伴いほとんどの競技が無観客で行われることを狙った偽中継サイトも登場した。日本経済新聞は「ゲームライブ24ニュース」というホームページの写真とともに「偽中継サイトであることが疑われる」と伝えた。このサイトにアクセスすれば、ユーザーブラウザ通知を許可するかどうか問われるが、許可を選んだ場合は悪意のある広告が表示される。

日本経済新聞は、グーグルなどの検索サイトから五輪関連の用語を検索すると、このホームページのリンクが目録にに表示されるため、ユーザーらは騙される可能性があると指摘した。セキュリティ会社の「トレンドマイクロ」は、「テレビ中継を装った疑わしいサイトが複数確認されている」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)