米議員たち、“2022北京冬季五輪”の「開催地 変更を要求」…「ウイグル族への人権弾圧は いけない」

米議員たち、“2022北京冬季五輪”の「開催地 変更を要求」…「ウイグル族への人権弾圧は いけない」

米国議会の議員たちは、2022北京冬季オリンピックに対する「開催地変更」の書簡を、IOCに発送した(画像提供:wowkorea)

米国議会の議員たちは、中国による新疆ウイグル族への人権弾圧を理由に、2022年 北京冬季オリンピックに対する「開催地変更」の書簡を、IOC(国際オリンピック委員会)に発送した。

ロイター通信は23日(現地時間)、ジェフ・マークリー民主党上院議員とマルコ・ルビオ共和党上院議員、ジム・マクガバン民主党下院議員、クリス・スミス共和党下院議員などが、トーマス・バッハIOC会長に 先のような書簡を送ったと報道した。

彼らは この書簡で「大量虐殺と反人道的犯罪を犯している中国で、オリンピックが開かれてはならない」として、開催地の変更を求めた。書簡の発送に参加した議員たちは、皆 中国の人権監視機関「中国問題に関する連邦議会・行政府委員会(CECC)」に所属している。

IOCはこれまで 北京オリンピックに関して「中国内の人権問題を避けている」という批判を受けてきた。バッハ会長は ことし3月「IOCは、国連安全保障理事会・G7・G20などが解決できていない問題を解決する “スーパー世界政府”ではない」とし「中国内の問題は 政治の領域だ」と伝えている。

関連記事(外部サイト)