元K-POPアイドル、中国警察が「未成年者への性的暴行」を確認…現地では死刑例も

元K-POPアイドル、中国警察が「未成年者への性的暴行」を確認…現地では死刑例も

元K-POPアイドル、中国警察が「未成年者への性的暴行」を確認…現地では死刑例も(画像提供:wowkorea)

韓国ボーイズグループ「EXO」の元メンバー、KRIS(30/ウー・イーファン/クリス・ウー)に未成年者に対する性的暴行疑惑が浮上し、その事実が確認されたと「サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)」が報じた。

香港メディア「SCMP」は中国警察の捜査結果を引用し、KRISが18歳の少女と性的関係をもった事実が確認されたと伝えた。

北京警察はKRISのマネジャーを通じて18歳のAさんがKRISの自宅に招待され、自宅で性的関係をもったと明らかにした。Aさんは「典型的なデート性的暴行だった」と供述。Aさんは10代のオンライン「インフルエンサー」だったという。警察はKRISが事件後、Aさんに5000ドル(約55万円)を渡した事実も明らかにした。

中国では未成年者への性的暴行で最高死刑判決の例がある。実際に昨年、9人の未成年者に対し性的暴行をはたらいた小学校教師が死刑宣告を受けたということだ。

これを前に、オンラインを通じてKRISの性的暴行を暴露した都美竹さんは「初めて関係を持ったとき(断ってその場を)去りたかったが、KRISのマネジャーに(芸能界追放と)脅迫された」とし、「KRISは避妊をしたことがなく、別の女性たちとも約束していた芸能界支援を一度も実行したことはない」と強調した。

都美竹さんは自分を含めて被害者が8人以上おり、この中に未成年者が2人含まれていると話して大きな波紋が広がった。

波紋が広がるとKRISは自身の中国版Twitter「Weibo(新浪微博/ウェイボー)」を通じて去る19日、「性的暴行はなかった」とし、疑惑が事実ならば「自分の足で刑務所に入る」と強く否定していた。

しかし、警察の捜査で彼が嘘をついたことが浮き彫りとなり、警察は余罪を捜査中だ。

KRISは2012年、韓国でアイドルグループ「EXO」としてデビューしたが、2014年から中国で独自に活動している。2014年、韓国SMエンタテインメントを相手に専属契約効力不存在確認訴訟を提起、しかし、裁判所の和解勧告決定により2022年までSMエンタテインメント所属となっている。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    こりゃあ極刑にするしかないだろう。森達也が何と言うか知らぬが、他国のことだから手も足も出まい。

すべてのコメントを読む