金正恩氏、停戦協定日に「朝鮮戦争戦死者墓地」を参拝

金正恩氏、停戦協定日に「朝鮮戦争戦死者墓地」を参拝

北朝鮮の金正恩 労働党総書記は、「祖国解放戦争 参戦烈士の墓」を参拝した(画像提供:wowkorea)

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)労働党総書記は きょう(27日) 停戦協定締結68周年を迎え、朝鮮戦争戦死者の墓域である「祖国解放戦争 参戦烈士の墓」を参拝した。

北朝鮮の国営ラジオ局“朝鮮中央放送”は きょう「キム総書記同志は 偉大な祖国解放戦争勝利68周年を迎え、7月27日0時 祖国解放戦争参戦烈士の墓を訪問された」と報道した。

北朝鮮は 朝鮮戦争で米国と戦い勝利したという意味で、停戦協定締結日を国家の名節である「戦勝節」と制定し、記念している。

キム総書記は 烈士の墓に献花し「歳月が流れ 世代が何百回 かわっても、戦勝の世代の崇高な革命精神と英雄的な遺訓は 後代たちの愛国熱・闘争熱を絶えず奮(ふる)い立たせ、革命の新たな勝利に向かう わが人民の勝利的前進を力強く推し進めていくだろう」と語った。

関連記事(外部サイト)