デルタ変異株の拡散により…米国「再びマスクを着用」

デルタ変異株の拡散により…米国「再びマスクを着用」

米国は、再びマスクをつけることになった(画像提供:wowkorea)

米国は、再びマスクをつけることになった。米国保健当局は、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種者たちに対するマスク指針を強化した。ワクチンを接種したとしても「室内ではマスクを着用せよ」というのが その骨子である。

米国疾病予防管理センター(CDC)のロシェル・ワレンスキー所長は27日(現地時間)、記者会見を通じて「新型コロナの感染が高い地域では、ワクチン接種を終えたとしても 室内の公共場所ではマスクを着用することを勧告する」と伝えた。

CDCによる今回の指針変更は、ことし5月にワクチン接種者に対するマスク義務を解除してから わずか2か月のことである。CDCは当時、ワクチン接種者たちに「公共交通・病院など 一部の施設を除いて、ほとんど室内では マスクをはずしてもよい」という勧告をしていた。CDCは先週まで「マスク指針を変更する計画はない」と言っていたが、デルタ変異株への懸念がかなり高まったことで、新たな勧告を打ち出した。

ワレンスキー所長は「デルタ株に感染した一部のワクチン接種者たちは、他の人々にウイルスを感染させる危険があることがわかった」とし「指針のアップデートは避けられない」と語った。また「デルタ株の拡散を予防するために、高危険地域では 室内でのマスク着用を勧告することにした」と語った。

関連記事(外部サイト)