東京五輪地図「竹島表記」をIOCが「傍観」、反日活動家教授が再び抗議「日本の顔色を見ている証拠」=韓国メディア

東京五輪地図「竹島表記」をIOCが「傍観」、反日活動家教授が再び抗議「日本の顔色を見ている証拠」=韓国メディア

東京オリンピック公式サイト地図の「竹島(韓国名:独島)表記」を国際オリンピック委員会(IOC)は「傍観」していると韓国メディアが主張(画像提供:wowkorea)

東京オリンピック公式サイト地図の「竹島(韓国名:独島)表記」を国際オリンピック委員会(IOC)は「傍観」していると韓国メディアが主張し、反日活動家の教授が再びIOCに抗議したことがわかった。

韓国メディア「世界日報」は28日、「東京オリンピック公式サイトにクリミア半島をロシアの領土のように表記し、ウクライナの抗議を受けてIOCは即刻修正したが、独島(竹島)問題は傍観している。同件について、誠信(ソンシン)女子大学のソ・ギョンドク(徐坰徳)教授が抗議メールを送信した」と報じた。

この日、徐教授は「傍観」を抗議する内容のメールをIOCのトーマス・バッハ会長をはじめIOC委員らに送信したという。

世界日報によると、徐教授は「東京オリンピック公式サイト内の聖火リレールート地図に独島(竹島)をまるで日本領土のように表記したことに関して、IOCは言い逃れしているが、これはダブルスタンダードだ」と指摘。また「これは、日本の顔色を見ている証拠だ。IOCは公正な立場であるべき国際機構であるのに、偏った態度をとっては絶対にならない。はやく独島(竹島)表記を削除せよ」と要求した。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    ダブルスタンダードではない。韓国が不法占拠している島をIOCは韓国領とは認めていないだけの話。

すべてのコメントを読む