米CDC「ワクチンをスルーする “デルタ株”、“水ぼうそうの”ように感染力は強い」

米CDC「ワクチンをスルーする “デルタ株”、“水ぼうそうの”ように感染力は強い」

米CDCは 報告書で「デルタ変異株の感染力は強い」と言及した(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症「デルタ変異株」が、現在まで確認された通常のウイルスよりも「感染力が強い」という報道が伝えられた。

30日(現地時間)ニューヨークタイムズ(NYT)が入手した米疾病予防管理センター(CDC)の内部報告書によると、デルタ株は水ぼうそうのウイルスや感染症よりも強い。水ぼうそうは患者と接触すれば ほとんど100%感染するほど、感染力が非常に高い疾病(しっぺい)である。

さらに「マーズ(MARS・中東呼吸器症候群)」「サーズ・SARS(重症急性呼吸器症候群)」「エボラウイルス」「季節性インフルエンザ」「天然痘」よりも感染力が強く、また より深刻な疾病を誘発する可能性が高い。

米CDCは この報告書で「ワクチン接種を完了した人も、非接種者と同様の割合でデルタ株を拡散させる」と指摘し「感染による発症も、これまでのウイルスより深刻だ」と言及した。

また この報告書は、デルタ株の拡散に関して「ゲームが変わった」と表現し「幼児・高齢者など 免疫体系の弱い人々は、ウイルスの感染力が相対的に低いとされている場所でも マスクを着用すべきだ」とし「彼らと接触する人々も、マスクを引き続き着用すべきだ」と強調した。今月27日 ロシェル・ワレンスキーCDC所長は、この報告書の内容を基に「ワクチン接種をしたかに関係なく、全ての人が室内でマスクを着用するよう」勧告する指針を下した。

デルタ株の感染力に対する恐怖とともに 一部では「ワクチン無用論」もあがっているが、専門家たちは「依然として、接種が死亡と重症を顕著(けんちょ)に減らしてくれるという点から 予防効果がある」と強調している。

関連記事(外部サイト)