反日運動家教授らが進めるプロジェクト「独島を守る人たち」の最後は「独島ソング」の発表…音源収益は全額寄付へ=韓国

反日運動家教授らが進めるプロジェクト「独島を守る人たち」の最後は「独島ソング」の発表…音源収益は全額寄付へ=韓国

ソ・ギョンドク教授のSNSに掲載された竹島の写真(画像提供:wowkorea)

(社)独島愛運動本部とMARVELOUS MUSICが、プロジェクト「独島(日本名:竹島)を守る人たち」の一環である独島ソング「暗い夜にも」の制作および寄付に賛同する内容の協約式を先月30日に行われていたことが2日、明らかになった。

MARVELOUS MUSICは「独島を守る人たち」をテーマにした独島ソング「暗い夜にも」の音源発売およびミュージックビデオ制作に才能寄付で賛同することになり、独島ソングの作詞・作曲は「ヨメ全盛時代」など各ドラマのOSTアルバムや「肝臓のせいだ」など各CMソングで有名な作曲家兼歌手でMARVELOUS MUSIC代表のパク・レジュン氏が曲を献呈し、歌は独島愛運動本部の芸能人広報大使となる俳優ペク・ボンギ、歌手スビン、「ZOLTAN」、ソ・イナ、キム・ワンギなど全員が参加する。

MARVELOUS MUSIC代表のパク・レジュン氏は、「独島愛運動本部の芸能人広報大使として活動しながら、これまでの独島ソングとは差別化されたテーマを探しており、独島の美しさもいいが、独島を守る人たちについて話してみたらどうかと思い、3月から準備していたら、ちょうど本部が今回のプロジェクトをソ・ギョンドク教授としていて、プロジェクトに賛同し、音源収益を寄付することになった。音源発売による音源収益は全額独島のために寄付する予定だ。またソ・ヨンウン、イム・ジェボムなど多くのアルバム制作に携わったギタリストのアン・ジフンが参加して曲の完成度を高めた」と述べた。

事務局長のチョ・ジョンチョル氏は「ソ・ギョンドク教授と共にしている独島を守る人たちプロジェクトの最後は、独島ソングが飾ることになった。この欲の制作と発売のために独島会員たちの自発的な賛同はもちろん、多くのスターが共にしてくれて、さらに価値のある独島ソングになりそうだ。またこの曲で独島を守る人たちの心の小さな励みになればと思う」と明らかにした。

プロジェクト「独島を守る人たち」は、韓国広報の専門家ソ・ギョンドク教授と共に8.15光復節を迎えるのに企画され、ことし6月に撮影して7月に公開された映像シリーズをはじめ、独島ソングの音源発売とミュージックビデオ公開で最後となる。

関連記事(外部サイト)