中国バドミントン選手、試合中の掛け声が「スラング」と物議…韓国側が「公式抗議」へ

中国バドミントン選手、試合中の掛け声が「スラング」と物議…韓国側が「公式抗議」へ

東京オリンピックのバドミントン女子ダブルスに出場した中国選手が、韓国選手と試合中に発した「気合」の掛け声が騒動に(画像提供:wowkorea)

東京オリンピックのバドミントン女子ダブルスに出場した中国選手が、韓国選手との試合中に発した「気合の掛け声」が騒動に。これを受けて、大韓バドミントン協会が正式に抗議することがわかった。

東京オリンピックで中国のバドミントン選手が韓国との試合中、「スラング」と疑われる掛け声を繰り返していたとされる問題で、大韓バドミントン協会は3日、世界バドミントン連盟に対して「公式抗議」の手続きを踏んでいると明かした。

先月27日に行われたバドミントン女子ダブルス予選ラウンドDグループの中国対韓国の試合で、中国のチェン・チンチェンが気合の掛け声を叫び続けていた。

すると、香港と台湾のネットユーザーは、その掛け声に「下品なスラング」が含まれると指摘。英訳すると「F×××」に該当すると主張。香港と台湾のネットユーザーからは「下品なマナーが頭にくる」、「度が過ぎている」、「25回以上もスラングを発した」、「IOCは、この言動に対して措置すべきだ」など批判が殺到した。

一方、中国のネットユーザーは「Watch out(気を付けて)」と言っていると反論。その場面が含まれた映像は、中国版Twitter「Weibo(新浪微博/ウェイボー)」で10万以上共有され、チェン・チンチェンを応援した。

当のチェン・チンチェン本人は、Weiboを通して「得点のために自らを励ましていた」とし、「私の発音が良くなくて、みんなに誤解を与えるとは思わなかった。発音を修正する」と説明。実際、発した掛け声がどのような言葉(意味)だったのかについては言及しなかった。

ところが、その後も同じ言葉が繰り返して発せられ、これを見た韓国のネットユーザーらも痛烈に批判。先月31日の準決勝で再び韓国と対戦したチェン・チンチェンは試合中、同じ単語を叫んでいた。

この試合で中国は韓国に勝ち、決勝に進出。韓国のネットユーザーは「気合という言い訳で韓国選手に悪口を言っていた」、「わざと言っている」、「韓国の選手と試合をする時だけ叫んでいるのをみると、悪口に間違いない」、「発音を修正すると言っていたのに、変わっていない」など批判が殺到していた。

関連記事(外部サイト)