「文政権は70点」=韓国文政権の初代首相イ・ナギョン氏「国民の不満を解消せねば」

「文政権は70点」=韓国文政権の初代首相イ・ナギョン氏「国民の不満を解消せねば」

イ・ナギョン「文政権は70点…不動産に関する国民の不満を解消せねば」=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の共に民主党の大統領候補であるイ・ナギョン元代表は3日、ムン・ジェイン政府の国政運営について「70点くらい」と話した。また、現政権の功罪を問う質問には「平和・包容政策」と「不動産問題」をそれぞれ挙げた。

イ元代表は同日午後TV朝鮮のインタビューで、現政府を100点満点で何点と評価するかという質問に「本当に難しい。下がっては上がるを繰り返している」と述べた。

これと関連し、現政権を継承しなければならないことに「平和・包容政策」を挙げた。南北首脳会談の開催と北米サミット調整に象徴されるムン・ジェイン大統領の朝鮮半島の平和構想を最大の功績に挙げながら継承の意志を明らかにした。一方、変えなければならないとすることとして、不動産の問題に言及した。イ元代表はこれと関連し、「不動産問題に対する国民の不満と喪失感を何とか解決しなければならない」と強調した。住宅価格の急騰と供給不足に象徴される、現政府の不動産政策への国民の失望を理解しながら、不動産の正常化への意志を示したものである。

また、予備選挙のライバルであるイ・ジェミョン知事の核心的公約である基本所得には反対の立場を再表明した。イ元代表は、「基本所得は金持ちには必要のない金、貧しい人には足りない金、しかし国家的に負担があまりにも大きい金だ」というキム・ドンヨン元経済副首相の批判発言を引用しながら、「基本所得をまんべんなく分けるのが普遍福祉ではない」と述べた。

関連記事(外部サイト)