オリンピックを利用して「独島の野望」を “露骨化”させる日本=韓国報道

オリンピックを利用して「独島の野望」を “露骨化”させる日本=韓国報道

東京オリンピックを通した日本による「竹島戦略」に対して、韓国側が問題視している(画像提供:wowkorea)

東京オリンピックの開幕まで残り50日ほどとなった中、オリンピックを利用して「歴史歪曲」および「政治的欲望」を満たそうとしている日本の意図は、日が経つごとに “露骨化”している。

加藤勝信 官房長官はきのう(2日)の定例会見で「竹島(韓国名:独島)は 歴史的事実に照らし合わせても 国際法上でも、明らかに日本固有の領土だ」と繰り返し主張した。

日本政府が東京オリンピックのホームページ内の地図に、“独島”が日本の領土のように表示していることに対して 韓国側が抗議をしたが、加藤官房長官は「一切 受け入れられないという主旨の反論を伝えた」と語った。

これ以外にも、日本はすでに多様な方法で「独島の野望」を表している。日本は先月16日 聖火リレーを行なう中、“独島の歪曲主張”の本拠地である島根県の「隠岐の島」と島根県庁「竹島資料室」の前を、コースとして通り過ぎていたことが確認されている。

このことについて 韓国の反日活動家として知られているソンシン(誠信)女子大学のソ・ギョンドク(徐坰徳)教授は「島全体が独島の “歪曲展示場”と呼ばれている隠岐の島と、毎年 “竹島の日”の行事が開かれる島根県庁 “竹島資料室”が 聖火リレーのコースに含まれたのは、“独島の野望”による意図的な小細工だ」と説明した。つづけて「東京オリンピックを利用して、独島を自国の領土だと広報するための日本によるオフライン戦略が表れている」とし「今後 我々は、東京オリンピックの地図から独島を削除するだけでなく、より全方位的な世界的広報を強化しなければならない」と強調した。

このような日本の「独島の野望」に対して 韓国政府は、IOC(国際オリンピック委員会)などに向かって対策を講じることを要求している。

関連記事(外部サイト)