ファイザー社、米FDAに「ブースターショット許可」のための臨床データ提出

ファイザー社、米FDAに「ブースターショット許可」のための臨床データ提出

ファイザー社、米FDAに「ブースターショット許可」のための臨床データ提出(画像提供:wowkorea)

米国製薬会社ファイザーとドイツのバイオンテックは、共に開発した新型コロナワクチンのブースターショット(免疫効果を促進するための追加接種)の承認を受けるために、関連する臨床データを米国の保健当局に提出した。

16日(現地時間)、米経済メディアCNBCなどによると、ファイザーとバイオンテックは、抵抗力が低い人だけでなく、16歳以上のすべての人に、新型コロナブースターショットの許可承認ため、米食品医薬品局(FDA)に臨床実験資料を提出した。

両社はこの日、提出資料を通じて、2回目の接種完了から8~9か月後に、3回目のワクチンを投与すると、新型コロナウイルスから人体を保護する中和抗体が、はるかに高いレベルで生成されることを確認したと主張した。特に、ブースターショットを接種すると、既存のコロナウイルスだけでなく、ベータおよびデルタ変異株にも非常に高い免疫力を発揮すると付け加えた。

ファイザーCEOは「我々のワクチンを3回接種した結果は、2回目接種後よりも、はるかに高い抗体価を示している」とし、「我々は、このパンデミックという難題を解決するために、引き続き協力している。これらのデータをFDAに提出することになり光栄だ」と語った。

ファイザーとバイオンテックは、近いうちにブースターショット接種の最終段階の臨床試験まで終えたあと、最終的なデータをFDAと欧州医薬品庁(EMA)など、世界の保健当局に提出する計画だと明らかにした。

ファイザー、モデルナを含め、新型コロナワクチンメーカーは、季節性のインフルエンザと同様に、最終的にすべての人が、毎年ブースターショットが必要だと主張している。

一方、FDAは、現在2回の接種だけでは免疫が生成されていない免疫脆弱者のみに、ブースターショップ接種を承認した状態だ。イスラエルとフランスは、高齢者からブースターショット接種を開始しており、ドイツや英国なども、来月からブースターショット接種を計画している。

関連記事(外部サイト)