ホワイトハウス「在韓米軍縮小はない」…同盟国の不安を遮断する意図=韓国報道

ホワイトハウス「在韓米軍縮小はない」…同盟国の不安を遮断する意図=韓国報道

ホワイトハウス「在韓米軍縮小はない」…同盟国の不安を遮断する意図=韓国報道(画像提供:wowkorea)

米国が在韓米軍削減の計画はないという点を明らかにした。ジョー・バイデン大統領がアフガニスタン撤退を巡って「国益がなければ去る」という趣旨の発言をした後、他の同盟国にも関心が集まったが、これに反論したものとみられる。

ホワイトハウスのジェイクサリバン国家安保補佐官は17日(現地時間)、ホワイトハウスの記者会見でバイデン大統領の対国民演説に韓国も含まれるのかという質問を受け、「大統領は繰り返し述べたように、韓国と欧州に駐留する米軍を削減する意向は持っていない」と述べた。

バイデン大統領は前日、「アフガニスタン政府が諦めた戦争で米軍を犠牲にしてはならない」とし「米国の国益がないところに滞在しながら戦うという、過去の過ちは繰り返さない」とし、このようなバイデン式外交ポリシーは、他の同盟国にも示唆する点があるといった意見が一部で出ていた。

しかし、サリバン補佐官は「韓国と欧州においては、内戦のない時期も外部の敵に対抗する同盟を保護するために、長い間米軍駐留を維持してきた」と説明した。彼はまた「これらの地域は、米国がアフガンに駐留したのと根本的に異なる状況だ」とした。

これは、在韓米軍は北朝鮮という外部の敵から同盟国を守るためのものであり、イスラム武装組織タリバンとアフガン政府が対立するアフガニスタンの状況とは異なると判断をしたものと思われる。これと同時に、米国の同盟国の不安を事前に遮断する意図があるとみられる。

アフガンの事態をきっかけに、他の同盟国に駐留する米軍に対する関心は高まっている。実際、米国の論客は最近、アフガン政権崩壊のように韓国もやはり米国の助けがなければ崩れるという主張をし、物議をかもした。

ワシントンポスト(WP)コラムニストのマークティッセンは、自分のTwitterで「米国が朝鮮戦争後、朝鮮半島からすべての軍隊を撤退していたら、朝鮮半島はすぐに北朝鮮の支配下に統一されていただろう」とし「米軍がまだそこにいるのは平壌を阻止し、その結果を防ぐために必要だからだ」と主張した。

関連記事(外部サイト)