20日「防疫措置 調整案」を発表…「首都圏レベル4」の再延長が有力=韓国

20日「防疫措置 調整案」を発表…「首都圏レベル4」の再延長が有力=韓国

韓国では 来週から適用される「防疫措置 調整案」が8月20日に発表される(画像提供:wowkorea)

韓国では 新型コロナウイルス感染症の4次大流行が続いている中、来週から適用される「防疫措置(社会的距離確保)調整案」が今月20日に発表される。一日の新規感染者数が依然として1800人台を前後するなど 拡散が続いていることから、「再延長」が有力視されている。

韓国 中央事故収拾本部のソン・ヨンネ社会戦略班長はきょう(18日)の定例会見で、防疫措置調整案および防疫対策の発表時期に関する質問に「20日を目標時期として、現在 推移を分析しながら 様々な意見を収集している」と伝えた。

ソン班長は「デルタ変異株の拡散により 流行統制が容易ではない中、一方では予防接種が着実に進んでいるなど 様々なことを総合的に考慮しながら、防疫レベルの調整案を検討している」と説明した。

ソン班長は、発表内容について「確定する前に公開することは難しく、内容が完成し次第 支障がなければ金曜日には 会見を通じて発表する」とだけ言及した。

現在 新型コロナの拡散が再び勢いを増していることから「当分の間 防疫レベルを緩和するのは困難だ」という見方が出ている。

また この日の0時基準での一日の新規感染者数は1805人と集計されたことから「現行の防疫措置(首都圏:レベル4・最高レベルと 非首都圏:レベル3)がさらに延長される」という見方が出ている。

関連記事(外部サイト)