環境に優しい交通手段「トラム」…2027年から韓国を走る

環境に優しい交通手段「トラム」…2027年から韓国を走る

環境に優しい交通手段「トラム」…2027年から韓国を走る(画像提供:wowkorea)

韓国の東灘新都市に環境にやさしい交通手段「トラム」が走る日も遠くはない。

韓国京畿道は先月31日、東灘都市の鉄道事業が、国土交通省の基本計画承認を受けたと明らかにした。

「東灘都市鉄道」は、東灘2新都市広域交通改善対策の一環として、計9773億ウォンの事業費を投入し、水原網浦駅〜東灘駅〜烏山駅、餅店駅〜東灘駅〜車両基地の2つの区間にトラムを導入する事業である。

東灘都市鉄道に導入される路面電車は、炭素排出が低く、交通、エネルギーの節約の面で優れており、公共交通機関の利用が難しい人への利便性も備えた「環境にやさしい新交通手段」として脚光を浴びている。

総延長34.2kmのステーション36か所と、車両基地1か所が建設され、東灘2新都市のほとんどの地域で移動にトラムが利用できるように計画した。

東灘トラムは無架線方式で導入される予定である。

設計と建設と運営は、華城市が主管し、烏山市、水原市が協力する方式で推進する。基本及び実施設計などの手続きを経て、早ければ2027年の開通を目標に2023年から着工する計画だ。

具体的な車両システム(バッテリー方式、水素燃料電池方式など)の選定は、今後の技術開発動向、住民と専門家の意見を取り入れて設計段階で決定する計画である。

イ・ゲサム鉄道港湾物流局長は「トラム事業の成否は、住民がいかに便利に利用できるかにかかっているだけに、華城市、烏山市、水原市と協力して、既存の鉄道路線と連携する基本計画を完成させた」とし「設計と建設は華城市が烏山市、水原市と協力して推進する予定で、住民の意見を取り入れながら世界的な名品トラムが誕生することを期待する」と述べた。

関連記事(外部サイト)