アフガン協力者の後続措置について協議…北朝鮮に対する努力も強化=韓国大統領府NSC

アフガン協力者の後続措置について協議…北朝鮮に対する努力も強化=韓国大統領府NSC

アフガン協力者の後続措置について協議…北朝鮮に対する努力も強化=韓国大統領府NSC(画像提供:wowkorea)

韓国大統領府は2日、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会会議を開き、韓国国内に入国したアフガニスタン現地協力者に対する初期措置について点検した。

大統領府はこの日午後、ソ・フン(徐勲)国家安全保障室長の主宰で開催されたNSC常任委員会の会議でこのような懸案を点検した。この日の会議には、アフガニスタン現地協力者関連の後続措置の協議のため、法務部(日本の法務省に相当)のカン・ソングク次官が参加した。

参加者らはまず、アフガニスタン情勢の変化と関連して、国際動向に加えて米国など友好国との協力方向を点検した。また、韓国に入国したアフガニスタン現地協力者とその家族らの安定的な定着のための初期措置を点検し、関係省庁および該当地方自治体間の緊密な協力の下に必要な後続措置を引き続き講じていくことにした。

続いて、最近の外交部(日本の外務省に相当)朝鮮半島平和交渉本部長の訪米と米韓間の対北朝鮮政策協議の結果を評価し、朝鮮半島の状況を安定的に管理する中で、対北朝鮮対話再開のための外交的努力を一層強化していくことにした。

関連記事(外部サイト)