米中気候変動枠組み合意は不発、中国「追加要求受け入れられない」

米中気候変動枠組み合意は不発、中国「追加要求受け入れられない」

米中気候変動枠組み合意は不発、中国「追加要求受け入れられない」(画像提供:wowkorea)

ジョン・ケリー米気候問題担当大統領特使が中国を訪問して高官級会談を行ったが、気候変化合意に至らなかったという。

4日(現地時間)、香港メディアのサウスチャイナ·モーニング·ポストの報道によると、アメリカが昨年11月の国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)前に、「より多くの公約をするように」と要求したが、中国が断ったことで、気候問題の合意が不発に終わったことが分かった。

ケリー特使は2日までの3日間、中国天津を訪問し、韓正副総理や王毅国務委員兼外交部長らと会談し、気候関連交渉を進めた。ケリー特使は、中国政府に2015年のパリ気候変動枠組み条約当時に議決した地球温度上昇幅のマジノ線1.5度と関連して、これを守るよう公に宣言するように要求した。また、海外の石炭火力発電所に対する資金調達の中止など、気候変動への対応に向けた努力をさらに強化すべきだと主張したという。

これに対して中国側は、「アメリカが提示した要求案と気候変化対応の時期などが中国の独自の計画と合わないため受け入れられない」と提案を断った。気候変動への対応に向けた交渉内容以外にも、新疆ウイグル自治区の強制労働を理由に、アメリカが中国の太陽光産業規制に乗り出したことにも懸念を表明するなど、対中国強硬策を修正するよう反発した。

中国政府は新華社通信などを通じて今回の米中気候特使会談について「率直で深みがあり、実用的な対話を交わした」と評価した。しかし、通常、外交的交渉で率直だという意味は両国間の意見の相違を意味するだけに、該当交渉が今後も容易に展開することは難しいものとみられる。

関連記事(外部サイト)