韓国野党議員「文政府、海洋放射能汚染への研究費を大幅に削減」

韓国野党議員「文政府、海洋放射能汚染への研究費を大幅に削減」

韓国野党第一党“国民の力”のソ・イルジュン議員(画像提供:wowkorea)

日本による原子力発電所からの処理水放流決定に遺憾を表明した韓国政府は、前政府まで続けられてきた海洋放射能汚染への研究費を大幅に削減していたことがわかった。

きょう(7日)野党第一党“国民の力”のソ・イルジュン議員が海洋水産部(省)傘下の韓国海洋科学技術院から受け取った資料によると、ムン・ジェイン(文在寅)政府による5年間(2018年から2022年)の「海洋放射能汚染研究」予算は約3億8000万ウォン(約3604万円)にすぎなかった。

これはパク・クネ(朴槿恵)前政府による5年間(2013年から2017年)の予算20億8000万ウォン(約1億9726万円)の18%にしかならない水準である。

また日本の福島原発から放流された処理水が韓国の領海に及ぼす影響を予測するシステムを備えていなかった韓国政府は、日本が放流を決定したことし4月になって初めて緊急にシミュレーション構築の予算を拡大編成していたことが明らかとなった。

日本政府は、文政府の任期初期である2018年10月から原発処理水放流の可能性を示唆していた。このことから文政府は「事実上 放置していた」という批判にさらされるものと予想される。

ソ議員は「文政府は我々の原発に対しては過度に恐怖をあおり国内政治に利用しながらも、国民の安全のための海洋放射能汚染研究に対しては無視していたと同然であった」と一喝した。

関連記事(外部サイト)