60代男性の妻は「12歳少女」、アフガン難民「結婚の実態」とは?=韓国報道

60代男性の妻は「12歳少女」、アフガン難民「結婚の実態」とは?=韓国報道

60代男性の妻は「12歳少女」、アフガン難民「結婚の実態」とは?=韓国報道(画像提供:wowkorea)

タリバンがアフガニスタンを掌握したことで、多くのアフガニスタン人が国外脱出を試みている中、混乱の中で難民男性の一部が少女を妻として迎え入れ「同伴入国」している事実が明らかとなった。

アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)はアフガニスタン難民の間で少女との「婚姻関係」を偽装した人身売買が相次いでいると見て、これに対処する方法を模索しているとの報告書を入手した。現地メディアが9日(現地時間)報じた。

現地メディアが入手した報告書によると、CBPなど関係当局が10歳前後の少女を「幼い妻」として一緒に米国に入国したアフガニスタン男性らに対し聴取したことが確認された。

これを前にAPなど一部メディアは「”強制的な幼い妻”と疑われる相当な数の少女らが、性暴行や性的虐待を受けているとの陳述もあり、国務省など当局が緊急保護している」と報じた。中には「60歳になる男性が、12歳少女を『私の妻だ』と主張したケース」もあるという。

ある少女は「アフガニスタンを脱出するため、高齢男性と強制的に結婚させられ、強姦(ごうかん)被害に遭った」と話した。また、ある成人のアフガニスタン男性には2人以上の妻がいるが、同行した未成年の少女とも「結婚した」と主張しているという。

報告書は「このような強制的な結婚は、アフガニスタン人が愛する家族をタリバンから脱出させ、他国に退避できるよう助けるために行う切迫した状況を示している」と分析した。

匿名で取材に応じた政府関係者は、同件に関連し「脱出過程で、どれほど身元把握がずさんなのかを端的に示す事例」とした上で、「妻として入国する少女の数は、少なくない」と説明した。

関連記事(外部サイト)