韓国・龍山区、元ガールズグループメンバーの「ホテル客室喫煙」に関して「過料の対象ではない」

韓国・龍山区、元ガールズグループメンバーの「ホテル客室喫煙」に関して「過料の対象ではない」

韓国・龍山区、元ガールズグループメンバーの「ホテル客室喫煙」に関して「過料の対象ではない」(画像提供:wowkorea)

韓国ガールズグループ「AOA」出身のクォン・ミナがホテルの客室内で喫煙したにもかかわらず過料を払わず、その背景に注目が集まっている。

クォン・ミナは去る6日、ソウル・ヨンサンク(龍山区)のあるホテルの客室内で喫煙する写真をSNSに掲載して物議を醸した。彼女は喫煙写真を認めて謝罪している。

これに関して龍山区の保健所は法的根拠を突き詰めてみた結果、これに対する過料を科せる根拠がないという結論を下した。ホテルは禁煙区域だが、客室での喫煙は過料の対象ではないからだ。

保健所は「観光振興法によると、観光宿泊施設は施設全体が禁煙区域に当たるが、客室は禁煙区域に該当せず、過料の賦課など法的措置が難しい」と説明した。

ホテルのロビーやエレベーター、廊下などの共用スペースで喫煙していれば、喫煙した人に対して、国民健康増進法に基づいて10万ウォン(約1万円)以下の過料が科せられるが、客室は例外となっている。

ただし、過料賦課の対象ではなくても、損害賠償の対象には該当する。このため、ホテル側はクォン・ミナに対して30万ウォン(約3万円)の損害賠償金を請求したという。

関連記事(外部サイト)