北発射の弾道ミサイル、「飛行距離約800キロ・高度約60キロ」=韓国合同参謀部が発表

北発射の弾道ミサイル、「飛行距離約800キロ・高度約60キロ」=韓国合同参謀部が発表

北発射の弾道ミサイル、「飛行距離約800キロ・高度約60キロ」=韓国合同参謀部が発表(画像提供:wowkorea)

韓国合同参謀本部は15日、北朝鮮がこの日午後に発射した弾道ミサイルについて「飛行距離約800キロ・高度約60キロ」と発表した。

これを前に合同参謀本部は「北朝鮮は本日(9月15日)午後、中部内陸一体から日本海上に未詳の弾道ミサイル2発を発射した」とし、「追加情報については、米韓情報当局が分析している」と伝えていた。

また「韓国軍は監視および警戒を強化した中で、米韓間の緊密な協力のもとに万全の態勢を維持している」と明かした。

関連記事(外部サイト)