韓国防疫当局「12〜17歳のワクチン接種、強く奨励しない」

韓国防疫当局「12〜17歳のワクチン接種、強く奨励しない」

韓国では12〜17歳の小児・青少年に対しては、新型コロナワクチン接種を強く奨励しないものとみられる(画像提供:wowkorea)

韓国では12〜17歳の小児・青少年に対しては、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種を強く奨励しないものとみられる。健康な10代の場合「ワクチン接種によるメリットが特別に大きいわけではない」という判断によるものである。

新型コロナ予防接種推進団のホン・ジョンイク予防接種管理チーム長はきのう(14日)「一般的に正常な小児は高危険群に当てはまらないため、『接種を必ずしなければならない』または『接種によるメリットは大きい』とはみていない」とし「ただ基礎疾患(持病)のある小児・青少年は感染時に危険が高まるため。接種が必要だと考える」と語った。

また「健康な小児・青少年に対しては正確な情報を提供し、接種するかしないかを合理的に判断できるよう、根拠を提供していく」とし「接種を強制したり誘導することはしないよう、客観的・科学的情報を忠実に提供し、接種について決定できるようサポートする役割をする予定だ」と説明した。

専門家たちも「小児・青少年の接種は慎重に扱うべきだ」という立場である。

韓国 コリョ(高麗)大学クロ(九老)病院のキム・ウジュ感染内科教授は「米国では10代の男性で、ファイザー・モデルナワクチンの接種による心筋炎の事例があった」とし「ワクチン接種によるメリットがどの程度あるのか、科学的な根拠をもって専門家と論議した後、決定するのが望ましい」と語った。

韓国防疫当局は現在、12〜17歳の年齢層を含めた第4四半期の計画を立てている。

関連記事(外部サイト)