北朝鮮の「弾道ミサイル発射」の日、韓国軍も「SLBM試験発射」…文大統領も立ち会う

北朝鮮の「弾道ミサイル発射」の日、韓国軍も「SLBM試験発射」…文大統領も立ち会う

韓国軍は、潜水艦弾道ミサイルの発射試験に成功した(画像提供:wowkorea)

北朝鮮はきょう(15日)日本海(韓国名:東海)上に弾道ミサイル2発を発射した中、韓国軍も潜水艦弾道ミサイル(SLBM)の発射試験を実施した。ムン・ジェイン(文在寅)大統領はこの日現場を直接訪れ、SLBM発射試験に立ち会った。

この日の午後、チョンチョンナムド(忠清南道)にある国防科学研究所(ADD)総合試験場では、SLBMの発射試験が実施された。このSLBMは韓国が独自に開発したもので、今回の試験成功により、韓国は世界で7番目に潜水艦発射に成功した国となった。SLBMは潜水艦でひそかに運用できるため、戦略的価値が非常に高い戦力と評価されている。現在、米国・ロシア・中国・英国・フランス・インドの世界6か国だけが運用している武器体系である。

SLBMはことしの8月13日、海軍に引き渡されたトサンアンチャンホ(島山安昌浩)潜水艦(300トン級)に搭載・水中で発射され、計画された射程距離を飛行し目標地点に命中している。青瓦台(韓国大統領府)は「SLBMの保有は全方位の脅威に対する抑止戦力確保の次元において大きな意味があり、今後自主国防および朝鮮半島の平和定着に大きく貢献するものと期待している」と伝えた。

この日の試験は文大統領が見守る中、実施された。文大統領は「この日の試験の成功によって国民が安心でき、より誇らしい成果を出すことができた」と評価した。

関連記事(外部サイト)