対馬の盗難仏像が偽物だと主張し続けた韓国検察、本物と認める=韓国の窃盗団は「我々は愛国者だ」

対馬の盗難仏像が偽物だと主張し続けた韓国検察、本物と認める=韓国の窃盗団は「我々は愛国者だ」

対馬の盗難仏像が偽物だと主張し続けた韓国検察、本物だという文化庁の鑑定結果を受け入れる=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の窃盗犯が、日本の対馬の観音寺から盗んで韓国に持ち込んだ「高麗金銅観世音菩薩坐像」。これが偽物だという韓国検察の主張が撤回された。

テジョン(大田)高裁の民事第1部(部長:バク・ソンジュン)は15日、チュンチョンナムド(忠清南道)ソサン(瑞山)市のプソク(浮石)寺が韓国政府を相手取って起こした「有体動産の引渡し控訴審」を開いた。

裁判の中、韓国政府を代理した韓国検察が「金銅仏像と結縁文(仏像製作に関する文書、仏像の中に入っている場合が多い)の真偽について、これ以上争わない」と明らかにした。1330年に浮石寺でこの仏像を製作したという韓国文化財庁の鑑定結果を受け入れたこと。

検察は、ことし7月の裁判で、窃盗犯が2012年にこの仏像を盗んで釜山港で通関させた時に「贋作(がんさく:作品の偽物)」という所見を出した鑑定委員を証人として申請し、浮石寺が主張する所有物ではなく、偽物であると主張し続けてきた。

今回、韓国検察が主張を撤回した代わりに、裁判の進行に関しては浮石寺の立場は食い違った。検察は「日本の観音寺が昨年末、『明確な所有権を主張するため(韓国での)裁判に参加する』と言っていただけに、観音寺側が参加するまで裁判を延ばすべきだ」と主張した。一方、浮石寺側の弁護人は「観音寺の参加意思がはっきりしていない。進行を続けて結論を出すべきだ」と反論した。

結局、裁判所は「次の公判までに観音寺の参加意思がはっきりしなければ、裁判を終結する」と明らかにした。次の裁判は11月24日午後3時に開かれる。

一方この事件は、韓国の文化財窃盗団が2012年10月に観光を装って日本に渡り、観音寺からこの金銅仏像を盗んできて、日韓間の外交摩擦に飛び火した事件。仏像は高さ50.5cm、重さ38.6kgで、1330年に浮石寺により製作されたことが仏像の結縁文で分かっている。韓国の浮石寺は、「その後、倭寇の略奪によって日本に渡っていった」と推定し主張している。

1審で裁判部は「仏像に高麗国瑞州(今の瑞山)という記録はあるが、移転された記録がない」として浮石寺の所有権を認めた。日本政府は韓国政府に遺憾の意を表して返還を要求している。しかし、裁判がまだ終わっていないので、仏像は現在「大田国立文化財研究所」に保管されている。

韓国外の文化財が韓国で訴訟となった裁判はこれが初めて。窃盗団は陳述で「日本が略奪した文化財を持ってきたのだから、我々は愛国者だ」と主張した。

関連記事(外部サイト)