韓国与党の最有力候補が開発事業疑惑について捜査依頼

韓国与党の最有力候補が開発事業疑惑について捜査依頼

イ・ジェミョン(李在明)キョンギド(京畿道)知事(画像提供:wowkorea)

16日、韓国与党「共に民主党」の大統領選挙最有力候補であるイ・ジェミョン(李在明)キョンギド(京畿道)知事は「ソンナム(城南)テジャンドン(大庄洞)の開発事業疑惑」と関連し、「今出ている歪曲(わいきょく)話と捏造(ねつぞう)話について、1から10まできれいに捜査して欲しい」と要求した。

李知事は同日、フェイスブックで「大庄洞の公営開発事業に対する捜査を公開依頼する」と投稿した。李知事は「あらゆる捜査に積極的に協力することを約束する。捜査結果において、責任を負うべき点があれば、責任を負う」とし、「しかし、責任を負わなければならないのは、私だけではない」と記した。

また、李知事は「捜査で疑惑が認められなかった場合、問題を作った主体全てに対し責任を問う」とし、「罪無き罪であり、何よりも民主主義を踏みにじり、国民の判断を惑わした罪を徹底的に問い、正当な代価を支払ってもらう」と警告した。

李知事は、疑惑について「選挙の時期になると乱舞する現代版魔女狩り」とし、「罠(わな)を仕掛けて引っかかれば良い、あるいは、引っかからなくても烙印を押せば良いという悪意ある闘牛士だ。その罠に喜んで引っかかる」とも記した。

関連記事(外部サイト)