「北朝鮮が核開発のために全力疾走」=IAEA事務総長

「北朝鮮が核開発のために全力疾走」=IAEA事務総長

「北朝鮮が核開発のために全力疾走」=IAEA事務総長(画像提供:wowkorea)

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシー事務総長は「北朝鮮が核開発のために全力疾走をしている」として懸念を示した。

ロイター通信の報道によると、同氏は20日(現地時間)に開かれた第65回IAEA総会で「北朝鮮でプルトニウム分離とウラン濃縮、他の活動に対する作業が全速力で進められている」と評価した。

これに先立ち、同氏は13日、IAEA理事会でヨンビョン(寧辺)核施設の原子炉再稼働の兆しが深刻な問題だと指摘しながら、ウラン濃縮工場の再稼働の兆候も公開していた。

同氏は北朝鮮のカンソン(降仙)地域に位置する核施設で継続される活動の兆候があったとし、「北朝鮮の核プログラム持続は国連安全保障理事会の関連決議案を明らかに違反するものとして非常に遺憾だ」述べた。

関連記事(外部サイト)