青瓦台「文大統領の終戦提案は『朝鮮半島の非核化』の出発点」

青瓦台「文大統領の終戦提案は『朝鮮半島の非核化』の出発点」

青瓦台「文大統領の終戦提案は『朝鮮半島の非核化』の出発点」(画像提供:wowkorea)

青瓦台のパク・スヒョン(朴洙賢)国民疎通首席は23日、「北朝鮮が対話のテーブルに着けば、(終戦宣言)問題はいつでも共に推進することができる」と述べた。

朴主席はこの日午前に放送されたMBCラジオとの電話インタビューの中で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が任期最後の国連総会で朝鮮戦争の終戦宣言を国際社会に提案したことについて、「終戦宣言というものは政治的で象徴的な行為であり、条件さえ整えば実現可能な(朝鮮半島の平和の)大きな橋渡し」と明らかにした。

朴主席は、「南北問題を解決し朝鮮半島の平和に至る道は誰もが容易だとは考えていない」とし、「任期がどれだけ残っているかに関係なく、われわれに与えられた歴史的召命を1つずつ果たしていくことが、国民が文在寅政府に国の権力を委任してくれた仕事」と述べた。

続いて、終戦宣言について「政治的な象徴的行為」とし、「北朝鮮と米国の当事者間において非核化に到達することのできる第1段階の信頼の構築」と強調した。終戦宣言が朝鮮半島の平和進展の指標となるということだ。

朴主席は、「北朝鮮も終戦宣言を共に推進していくことで合意しただけに、対話のきっかけさえ準備されれば十分に推進が可能だ」と見通した。この日、米国務省の報道官が終戦宣言と関連し、「すべての可能性に開かれた姿勢を持っている」という趣旨の発言をしたことにも意味を付与した。

朴主席は、南北間の対話チャンネルが復元されるかついては、「把握していることはない」としながらも、「戦争時にも対話のチャンネルは開かれているように、(朝鮮半島平和の)結果を作り出すため、当事者らが絶えず対話のチャンネルを開いて努力しているものと理解している」と答えた。

北京冬季オリンピックへの参席をきっかけに南北首脳が再会する可能性については、予測を控えた。朴主席は、「メディアが行っている分析にはすべて可能性があると考えている」とし、「さまざまな可能性をすべて開き、朝鮮半島の平和、非核化、また東北アジアの平和問題がうまく解決されることを願っている」と述べた。

関連記事(外部サイト)