45年後の中国…「人口が半数に減少」=上海交通大学の研究チーム

45年後の中国…「人口が半数に減少」=上海交通大学の研究チーム

中国の人口が2066年には現在の半数である「7億人台」へと減少するという警告が出ている(画像提供:wowkorea)

中国の人口は、45年後である2066年には現在の半数である「7億人台」へと減少するという警告が出ている。

きょう(1日)香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、上海交通大学の研究チームによる分析の結果「中国の昨年の女性1人あたりの合計出産率は1.3人で、45年後には中国の人口が半数に減少する」と予想した。この研究チームは、合計出産率が1へと低下すれば2050年に中国の人口が半数に減少することから、中国政府当局の速やかな対処を求めた。

国連は2019年「世界人口展望報告書」で「中国の人口は、2065年には13億人を維持するだろう」と予想している。

関連記事(外部サイト)