韓国政府認可の独島愛運動本部、HP上の地図で「東海→日本海」、「独島→リアンクール岩礁」と表記で物議に=韓国

韓国政府認可の独島愛運動本部、HP上の地図で「東海→日本海」、「独島→リアンクール岩礁」と表記で物議に=韓国

韓国政府認可の独島愛運動本部、HP上の地図で「東海→日本海」、「独島→リアンクール岩礁」と表記で物議に=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国政府の認可を受けた社団法人「独島愛運動本部」が、ホームページに「日本海」、「リアンクール岩礁」と表記し、現地で物議を醸している。

先月30日、MBC「ニュースデスク」によると、海洋水産部(部は日本の省に相当)の認可を得ている社団法人「独島愛運動本部」のホームページの地図には、東海を日本海、独島(日本名:竹島)をリアンクール岩礁と表記されていることが明らかになった。

これは海外版のgoogle地図をそのまま使用したとのことで、山林庁に登録された「韓国ムグンファ研究会」のホームページでも同じように表記されているという。

韓国メディアは「このような“ミス”は今回が初めてではない」と伝えている。

2年前に韓国政府は各部処(部処は日本の省庁に相当)が、東海を日本海と誤記した海外版google地図を何の検討もせずにホームページに掲載して韓国内で問題になると、すべての国家機関や自治体に独島に関する記載をすぐに修正し、再発の場合は厳重に責任を問うと警告していた。

その後、国家機関は地図をすべて調査し、一部の機関は現在間違いがないと最近、国会に報告した。しかし再び確認した結果、水産部と農林部関係の機関など18か所で同じ間違いが見つかったと韓国メディアは報じている。

部処は「サイトが多くて点検に限界がある」と説明したが、継続的な管理が必要だとの指摘が韓国で上がっている。

関連記事(外部サイト)