性交シーンをのぞき見しようと隣の家に侵入した50代に拘束令状申請=韓国警察

性交シーンをのぞき見しようと隣の家に侵入した50代に拘束令状申請=韓国警察

性交シーンをのぞき見しようと隣の家に侵入した50代に拘束令状申請=韓国警察(画像提供:wowkorea)

性交シーンをのぞき見するために、ベランダを越えて隣の家に侵入した男性が拘束される境遇に置かれた。

ソウル・カンドン(江東)警察署は、住居侵入の容疑を受けているA氏(51)に拘束令状を申請したと、3日に明らかにした。

A氏は1日午後6時40分頃、自身が居住するソウル江東区のあるオフィステル(ワンルーム)のベランダを越えて隣の家に入った疑いを受けている。

ベランダで物音がしたことを不審に思った被害者は、A氏を発見した後に警察に通報し、出動した警察はA氏を現行犯で逮捕した。

A氏は警察の調査で「性交する声が聞こえたため、近くで見たかった」と供述したことが伝えられた。

裁判所は3日午前、A氏に対する令状実質審査(拘束前被疑者尋問)を行った。警察は拘束令状が発行されれば、詳しい犯行経緯などを調査する方針だ。

関連記事(外部サイト)