「TWICE」のオンラインコンサート「ビヨンドライブ」、イーデイリーの文化大賞最優秀作に=韓国

「TWICE」のオンラインコンサート「ビヨンドライブ」、イーデイリーの文化大賞最優秀作に=韓国

「TWICE」のオンラインコンサート「ビヨンドライブ」、イーデイリーの文化大賞最優秀作に=韓国(画像提供:wowkorea)

Kポップを代表するガールズアイドルグループ「TWICE」の実力を実感させた「ビヨンドライブ-TWICEワールド・イン・ア・デイ」が第8回イーデイリー文化大賞コンサート部門最優秀作に選ばれた。

この作品は、「TWICE」が昨年8月9日に開催したオンラインコンサートだ。コロナ前のワールドツアー「TWICEライツ」で全世界16地域を回った「TWICE」は、「一日で回るワールドツアー」をコンセプトにした公演で「ワンス」(ファンの名称)と再会した。彼女たちはソウル、バンコク、マニラ、シンガポール、ロサンゼルス、メキシコシティ、ニューヨーク、シカゴ、クアラルンプール、日本などワールドツアー開催地のランドマークを華やかなアートワークで視覚化して見せる楽しさと感動を与えた。

最先端の技術を活用してオンライン時代の公演文化の新たな方向性も提示した。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で時空を超越する未来型自動車を、最先端のAR技術で再現し、MCC(Motion Control Camera)システムを活用して、メンバー数を2倍に増やし、18人が同時にパフォーマンスを繰り広げる異色の舞台を演出した。

激しい競争の末、最優秀作に選ばれた「ビヨンドライブ-TWICEワールド・イン・ア・デイ」は、作品性、創造性、興行性だけでなく、伝える力のある公演という点で最も高い評価を受けた。審査員は、「男女問わず幅広い年齢層に愛されたヒット曲が多いチームらしく、オンライン公演でも歌を歌って一緒に楽しむ大衆音楽コンサートの楽しさと価値を感じさせた」と口をそろえた。

「TWICE」は2015年のデビュー以来、「目で一度、耳でもう一度感動を与える」というチーム名にふさわしいパフォーマンスと音楽をリリースし、ヒットを続けてきた。「チアアップ」、「TT」、「イエス・オア・イエス」など耳に残るメロディーと明るく元気なエネルギーが調和した曲で、多くの人々の心を魅了しKポップブームを率いてきた。

審査員は、「コロナの余波によりKポップ公演市場が萎縮している状況の中、「韓流の力」を再証明した公演という点でも意味がある」と指摘した。

関連記事(外部サイト)