ノーベル平和賞、マリア・レッサとドミトリー・ムラトフ…「権力に立ち向かうジャーナリスト」

ノーベル平和賞、マリア・レッサとドミトリー・ムラトフ…「権力に立ち向かうジャーナリスト」

ノーベル平和賞、マリア・レッサとドミトリー・ムラトフ…「権力に立ち向かうジャーナリスト」(画像提供:wowkorea)

今年のノーベル平和賞は、フィリピンのマリア・レッサ、ロシアのドミトリー・ムラトフの2人のジャーナリストが共同受賞した。表現の自由を守るために寄与した功労が認められた。

ノルウェーのノーベル委員会(以下、ノーベル委)は8日、2021年のノーベル平和賞受賞者としてマリア・レッサとドミトリー・ムラトフを選定したと発表した。ノーベル委は「民主主義と恒久的な平和のための前提条件である表現の自由を守るための取り組みについて、賞を授与することにした」と明らかにした。

レッサはフィリピン出身で、オンライン調査報道メディアであるラップラーの創設者である。数年かけて、ドゥテルテ政権の不正を報道した。

ノーベル委は「表現の自由を用いて母国フィリピンでの権力乱用、暴力、権威主義の深化を暴露した」とレッサに平和賞を与えた理由を説明した。

ムラトフは、ロシアのジャーナリストである。1993年に独立し、ノーバヤ・ガゼータというメディアを共同設立した。反政府新聞の編集長としてプーチン大統領の独裁政策を批判した。

ノーベル委はムラトフに対して「ますます厳しくなった条件下でも、数十年間、ロシア内の表現の自由を守ってきた」と伝えた。

関連記事(外部サイト)