ソウルファッションウィーク、120か国で熱狂…TikTok再生4000万ビュー=韓国

ソウルファッションウィーク、120か国で熱狂…TikTok再生4000万ビュー=韓国

ソウルファッションウィーク、120か国で熱狂…TikTok再生4000万ビュー=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の5大故宮・東大門デザインプラザ(DDP)などのソウルの主要観光スポットで、有名デザイナーがコレクションを披露するソウルファッションウィークが、世界的に大きな人気を集めている。

ソウル市は今月7日から15日まで行われる「2022 S / Sソウルファッションウィーク」が、世界の120カ国でファッションフィルムの映像を公開してから3日目で再生回数840万を達成したと13日、明らかにした。これは今年3月に行われた21 FW期間に記録した、472万人を大きく上回る水準だ。

今年から運営を開始したソウルファッションウィーク公式のTikTokアカウントは、今月2日からファッションビデオを共有するチャレンジである「ファッション初心者」と「ファッショニスタ」のイベントで、ソウルファッションウィークのハッシュタグチャレンジを開始した。このアカウントは10日で再生回数4000万回に達している。

ソウルファッションウィークは、100%事前製作方式のデジタルファッションショーによって開催される。景福宮、徳寿宮などソウルの歴史と現在を代表する名所が全世界へと発信される。このように、韓国のファッションはもちろん、韓国固有の文化遺産、観光名所を知らせる広報大使の役割を果たしている。

市は昨年のイベントで、国立中央博物館、国立現代美術館で初撮影したのに続き、今年は韓国を代表する5つの故宮などで撮影した。今年の参加ブランド別ファッションフィルム80編が製作された。事前製作であるため映像美と完成度が高く、ソウルの代表名所で行われるランウェイが全世界の注目を集めている。

また、世界中にファンを持つアーティストのKAI(EXO)をグローバル広報大使に選定し、韓国を代表するデザイナーの衣装とソウルファッションウィークへの関心を高めた。ソウルファッションウィークのステージは、ヒップホップミュージシャンから韓国伝統音楽継承者の舞台なども一緒に準備するなど、ファッションと文化を結合したコンテンツの可能性を示す機会になったと評価される。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?