ノルウェーで弓矢の無差別乱射…5人死亡

ノルウェーで弓矢の無差別乱射…5人死亡

ノルウェーで弓矢の無差別乱射…5人死亡(画像提供:wowkorea)

ノルウェーで弓で武装した男性が人々を無差別に殺害する事件が発生した。地元警察は、現在の容疑者を捕まえ拘束した状態だ。これに先立ち、2011年、77人の民間人が犠牲になったテロがあっただけに、ノルウェー国民の恐怖が高まっている。

13日(現地時間)ロイター通信は、ノルウェーコングスベルグである男性が弓と矢を使って5人を殺害し、2人にけがを負わせたと報じた。負傷者の中には当日休みだった警察も含まれているとロイターは伝えた。

警察署長は記者たちに「容疑者は攻撃に弓と矢を使用しており、現在、他の武器の使用も調査している」とし「容疑者は犯罪を単独で行ったものと把握された」と説明した。

ノルウェー首相も記者会見を開き、国民の不安感を沈めた。彼は「今夜のコングスベルグの報告は恐ろしい」とし「多くの人々の恐怖を理解するが、警察が今制御していることが重要だ」と強調した。

テロが発生したコングスベルグは、ノルウェー南東部に位置しており、首都オスロから68km離れたところにある。人口は約2万8000人だ。

ノルウェーでは2011年にも民間人を相手に大規模なテロが発生し、77人が犠牲になる事件が発生した。当時、右翼過激派は青少年サマーキャンプで爆弾と銃を利用して人々を無差別に虐殺した後、逮捕され、懲役21年を言い渡された。

関連記事(外部サイト)