中国「米・台湾の高官面談」に反発…「“一つの中国”原則の違反だ」

中国「米・台湾の高官面談」に反発…「“一つの中国”原則の違反だ」

中国は、米国の高官と米国駐在の台湾代表の面談に対して強く反発した(画像提供:wowkorea)

中国は、米国の高官と米国駐在の台湾代表の面談に対して「“一つの中国”原則を違反したものだ」と強く反発した。

中国は台湾を「自国の領土」とみなし「国家」として認めていないことから、中国と修交した国が台湾と公式的に往来することに反対している。

きょう(14日)中国オンラインサイト”澎湃”によると、米国務省は13日(現地時間)ツイッターを通じて「ホセ・フェルナンデス国務省次官補が、駐米台北経済文化代表処の蕭美琴 代表と会った」という事実を公開した。

このことについて、米国駐在の中国大使館は声明を通じて「米国の行動は “一つの中国”原則と米中3大連合公報(米中間の相互不干渉と台湾への武器輸出削減などをとりまく両国間の合意)を深刻に違反したものだ」とし「中国は断固として反対し、米国側に厳正な交渉を提起した」と伝えた。

中国は、特定事案に対して外交ルートにより抗議した場合「厳正な交渉を提起した」という表現を使う。

つづけて「米国の指導者と高官たちは 『“一つの中国”政策を変える意思はない』と幾度も言及しているが、その約束が口先だけのものだということが明らかとなった」とし「言葉と行動が合っていない下手な手法はやめるべきだ」と非難した。

また「米国は、台湾を利用して中国を制圧するという考えを捨てるべきだ」とし「“一つの中国”原則と中国の核心的利益に挑戦するどのような言動も、断固とした反撃を受けることになるだろう」と警告した。

さらに「米国は一方では中国の支持と協力を求めながら、もう一方では台湾問題において中国のレッドラインに挑戦するという幻想を捨てるべきだ」とし「このような手法は中国には通じない」と主張した。

関連記事(外部サイト)