韓国政府、岸田首相の「福島原発処理水」方針堅持に「深刻に憂慮、反対の立場伝える」

韓国政府、岸田首相の「福島原発処理水」方針堅持に「深刻に憂慮、反対の立場伝える」

韓国政府、岸田首相の「福島原発処理水」方針堅持に「深刻に憂慮、反対の立場伝える」(画像提供:wowkorea)

岸田首相が「福島原発処理水」方針を堅持したことについて、韓国政府は「深刻な懸念伝える」と明かした。

韓国外交部(外務省に相当)当局者は18日、岸田首相が東京電力福島第1原子力発電所の処理水を海洋放出する方針を改めて示したことについて「日本政府の決定は、周辺国と十分な協議がないままに行われ、国民の健康と安全、海洋環境に影響を与える。そのため、深刻に憂慮し反対の立場を示す」とし、「今後も日本政府に対して、さまざまな機会を得ながら韓国政府の立場を引き続き伝えていく」と述べた。

また、同当局者は「国際原子力機関(IAEA)など国際社会と協力しながら全過程を透明かつ徹底的に検証する」と伝えた。

関連記事(外部サイト)