「母娘3人殺害」キム・テヒョン被告、一審「無期懲役」に不服とし控訴=韓国

「母娘3人殺害」キム・テヒョン被告、一審「無期懲役」に不服とし控訴=韓国

「母娘3人殺害」キム・テヒョン被告、一審「無期懲役」に不服とし控訴(画像提供:wowkorea)

去る3月、ストーキングの末、ソウル市内のマンションに侵入し、母娘3人を殺害したとして起訴されたキム・テヒョン被告(25)が一審判決を不服として控訴した。

19日、ソウル北部地裁によると殺害・窃盗・特殊住居侵入・情報通信網侵害・軽犯罪処罰法違反罪など5つの容疑で、一審で無期懲役を言い渡されたキム・テヒョン被告は一審を不服とし、去る18日に控訴状を提出した。

控訴事件は一審宣告後、その翌日から7日位内に控訴状を提出すると控訴できる。

検察が求刑した死刑判決を要求した遺族側は去る12日の一審判決後、即刻控訴の計画を明らかにしており、検察も控訴期間最終日に量刑の不当などを理由に控訴状を提出する見通しだ。

双方が控訴すれば、母娘殺害事件の控訴審はソウル高等裁判所で開かれる見通しだ。

関連記事(外部サイト)